南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

『罪と罰』ノート(亀山郁夫)

やっぱキリスト教の素養がないと西洋の小説は深く読み込めないなーというのが本書を読んだ感想。