南獄それから

南獄から生還してはやウン年…

死の壁(養老孟司)

何年ぶりかの養老さん。バカの壁の続編らしい。多分人生の折り返し地点を過ぎて改めて死を意識する昨今だが、まだまだ著者の境地には至ってないなあと痛感。逆さ屏風の話はどこかで聞いたなあ。前作で同じ話をしたんだっけ。

インド/ネパール料理屋

自宅近くのインド/ネパール料理屋の改装工事に伴う休業がはや1か月。早く営業再開しないかと心待ちにしつつ、腹回りが心なしかスリムになっていることに気づく。やっぱりそこでお腹いっぱい食べすぎだったかー。

住友銀行秘史(國重惇史)

有名なイトマン事件内幕の一面を元住銀幹部が手記として世に出したもの。出身大学名とか登場人物のそれぞれの人事模様とかが赤裸々になっているところが面白かった。中には高卒で副頭取とかまで昇り詰める人もいるのね。