南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

白ゆき姫殺人事件(湊かなえ)

相変わらずの俺好みクォリティ。得意の「藪の中」形式の展開も、今回は明確な解答編がなく、それに近い主人公による記述も、主人公の主観が入っているだけに真実とは言い切れないところが妙味。多分もう1回読み返したら2度おいしいのだけど、面倒なんだよなぁ…。東野圭吾でもたしかこんなのあったね。