南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込(若林正恭)

私が入手したのは文庫本の33刷版。てことはずいぶん売れたのね。連載開始当初の前半は退屈なコダワリの羅列だったが、後半以降は文章力が上がったのか、人間として成熟してきたのかとても魅力的な内容になっていてそれがとても興味深かった。存在理由には2種類あるという話(著者自身も人から聞いた話なのだが)は、なんかハッとしたなあ。ともすると生きる目的を探してしまうが、そうじゃなくていいのだということをつい忘れがち。