南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

未来(湊かなえ)

久しぶりに紙の文庫本を取り寄せ。やはり『ブロードキャスト』の方が異端だったかと改めて思わせるイヤミス。こどもがひどい目に合う描写や情景は読んでてツライ。若干希望を持たせるラストなんだけど、登場人物のほとんどが絶望的な状況のまま。だけど惹き込む力はやはり絶大で今回も一晩で読み上げました。