南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

ブロードキャスト(湊かなえ)

湊かなえが青春もの…?という疑問はすぐに吹き飛ぶ。イヤミス要素は全くないのにとんでもなく面白くって、ぐすぐす涙を拭きながら1日で読了。いったい何を感じて泣きはらしたのか自分でもよくわからないのだが、さすが…という感じ。ちょうど主人公と同い年の娘に是非読んでもらいたいと思いました。湊かなえ作品でそう思ったのは初めて(笑)。