南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

悪いものが、来ませんように(芦沢央)

母娘関係の歪みとその結果として起こる惨劇という展開と藪の中的な構成は、大御所である湊かなえを直前に読んでしまったこともあり、う~んやはり数段湊さんが上だよなあ、という感想に。最後の意外な結末に持っていくまでの伏線に違和感を隠し切れないというかあ―あれが伏線だったのかというさらに一工夫が欲しかったなあと思いました。