南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

桐島、部活やめるってよ(朝井リョウ)

言わずと知れた朝井さんのデビュー作。なぜか後回しになってたけど、これを19歳の時に書いたなんてすごいなあ。巻末の解説でも言ってたけど、その年であの距離感で高校生の登場人物たちの心理描写をするのが本当にすごいと思う。朝井リョウを読み終わるとき何時も後悔する。あの頃毎日が必死が故に何も見えずただ漫然と過ごしてたことを。