南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

落日(湊かなえ)

日本で買い込んできたやつ。さすがというかいつものように一晩で読了。主人公2人のそれぞれの視点で話が交互に進む章立てのやつで、やがて最後に一つの真実に収束していくパターンだとこちらも分かってるから、後半で結末もなんとなく察してしまうんだよな。生来のイヤなやつが出てくるんだけど、これを宮部みゆきに書かせたらまた違ったおどろおどろしさになるのかなとふと思ったり。