南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

光と影の誘惑(貫井徳郎)

これもUnlimitedで。貫井さんの作品が読めたのは期待以上でとても得した気分。表題作よりもラストの短編が印象的で、話の進め方・オチのつけ方が湊かなえの『リバース』とかを思い出させた。