南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

BUTTER(柚木麻子)

私の中では『早稲女』の人。後半からクルクルと展開が変わっていくのが興味深くしかも最後にまた事態反転があって飽きさせない展開でした。他の作品でもあったけど筆者が男性/父親像を突き放した感じで書いてるのが印象的。昭和以前的な思考に取り残されて精神的に自立できない男たちへのイラつき、というのかな。