南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

素敵な日本人(東野圭吾)

短編集。東野圭吾の短編はちょっと中途半端な感じがあって、その点については宮部みゆきの方が好き。まあさくっと読めるのが長所なんだけど。ところでなんでタイトルが素敵な日本人なんだろう。