南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

それから(夏目漱石)

三部作第2作目。異常なまでに合理的であろうとするゆえに自己の本源的な欲求に気づけず苦悩し破滅していく様は主人公ほどでないにしろ自分にも内包している部分あり共感。発表当時は新聞連載だったとのことでなるほど毎日少しずつ読む方がいいのかも。通しで読むには少し冗長な気もした。