南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

三四郎(夏目漱石)

なぜか日本の自宅にあったので単身の慰みに持参。熊本から上京し東大に入学した主人公の青春模様を描く。恥ずかしながら夏目漱石は学生時代の教科書レベルしか読んでいないのだがなんとなく終焉を迎えてしまいこれからも物語はだらだらと続いていく印象があったがこれもそう。次は「それから」を読む予定だがさてどうか。