南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

森に眠る魚(角田光代)

書店に平積みにされていたのを手に取ってみる。お受験ママたちの葛藤と言うには生易しすぎる、寒気を覚えるような戦いにページをめくる手も止まらない、といった感じ。めくればめくるほど憂鬱になるのに、一気に読んでしまいました。背景となる小学校受験ではないけど、我が家も他人事ではないし。