南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

ノルウェイの森(村上春樹)

また村上春樹。ようやく読みました。なんか舞台がワセダっぽいなと思いながら読んでたらやはりそうみたい。冒頭の中年になった主人公の回想から始まるけど、ついに最後までここには戻ってこず、だったら最初からなかった方がスッキリするのに、とか思ったり。こういうのが文学的なのかわからんが。内容は面白く読めました。ラストも自分の好みではありませんでした。