南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

告白(町田康)

河内十人斬りの話。主人公の心理描写がすごい。考えていることをうまく言葉にあらわせないこと、起こした行動の原因が直近の直接的なもの以上に、ずっと以前からの積み重ねの結果であることなど、共感する読者は多いと思う。以前著者のエッセイを読んであまり響かなくてしばらく遠ざかっていたが、これは読んで良かった。