南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

贖罪(湊かなえ)

この読後感は、腑に落ちる後味の悪さ、と言えばいいのか。本人が純粋に幸福ややすらぎを求めれば求めるほど、本人のみならず周りの人間さえも不幸になっていく、というのは救いようがないよな。この救いようがない感が実は好き。東野圭吾の「手紙」もその系統。