南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

火の粉(雫井脩介)

「犯人に告ぐ」や「クローズドノート」とは全く違ったサイコサスペンス。この著者の作品は、割と先が読めてしまうんだけど、それを割り引いても各登場人物のキャラが立っていて面白い。もう2〜3作読んでみたい。この作品はドラマ化されてんだね。犯人役は誰がやったんだろう。個人的には稲川淳二とかかな。