南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

心中天網島(里中満智子/近松門左衛門)

今更古典を原典にあたるよりも漫画で読んだ方が手っ取り早かろう、ということで里中満智子作画のやつを読む。タイトル作の他、『女殺油地獄』、『鑓の権三重帷子』、『曾根崎心中』を収録。
なんと言うか、漫画にしてしまうとこうなってしまうのか、もともと現代の感覚から見てしまうと仕方がないのかは分からないのだけども、内容としては本当にワイドショー的で、安っぽい印象を受けてしまうよな。『曾根崎心中』はお初天神近辺で飲み歩いた大阪勤務時代を思い出すね。