南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

火車(宮部みゆき)

著者の作品は以前に3〜4つ読んだことがあるが、中盤まではいつも読ませるものの、
終盤からラストにかけてどたばたとなって、それまで細かく設定した人物描写や
前振りなどが有効に使われることなく終わってしまうという印象が強かった。
この作品はそれを感じさせることが少なく、後味の良い読後感でした。
しばらくこの著者の作品を読み続けてしまう予感。。