南獄4.0

南獄から生還後6年、ついに最終目的地に辿り着く!

2010-06-13から1日間の記事一覧

つるつるの壷(町田康)

はじめて町田康の著作を読んだが、入門編としては選択を間違えたかもしれん。 雑文書きの人たちには、影響を受けたと書いている人も多いが、まだその面白さが分からない。 次はエッセイではなく小説を読んでみるか。